ケアマネージャー 就労時間

ケアマネージャーの就労時間

ケアマネージャー資格取得者の就労時間は、
その他の福祉に関する職種とは違い、
真夜中の勤務や泊まりでの勤務のような形態ではありません。
平日の日中が原則的な出勤時間です。

 

しかし、利用者のお宅に行くときなどには、
利用する人やその家族の都合のいい時間帯に合わせて、
夜や休みの日に訪ねることも考えられます。

 

そして、緊急の相談などの時にも、
就労時間外に仕事をすることも考えられます。

 

本来は日中勤務になりますが、
時には柔軟に対応する必要があるということです。

 

働く介護施設のサービス内容によっては、、
アルバイトや臨時職員という立場で就労できる会社もあります。

 

ケアマネージャー資格の仕事は、
一日一時間から働くことができるところもありますので、
自分の生活スタイルを考えながら仕事することが可能です。

 

とは言っても、ケアプランを作ることがスムーズにできればの話です。
入り組んだ条件がある場合は、思うようにケアプランが
作成できないということもあるみたいです。

 

ケアマネージャー資格取得者の仕事は、
ケアプランを作ることが主な仕事なので、
そのようなときは勤務外に働かなければいけないこともあるようです。

 

一般的に言ってその他の福祉に関する仕事と比較すると、
ケアマネージャーの就労時間は長くないと考えられるのではないでしょうか。

 

しかし、ほとんどの人は利用する人の自宅への訪問や、
状況を確認する作業で駆け回り、その上、ケアプランを
作成しなければならないなど忙しい毎日のようです。

 

ケアマネージャー資格を取得した者の仕事は、
相当な知識や経験が求められる重責を伴う仕事だということです。