ケアマネージャー 業務内容

ケアマネージャーの業務内容

ケアマネージャーというワードは普段からよく聞きますが、
果たしてどんな仕事なのでしょうか。

 

ケアマネージャーの仕事は、介護保険を利用する人に向けて,
その人にピッタリなケアプランを立案することです。

 

介護に関係する人員や、利用する人・家族との連絡などの
中心的な立場で行動しないといけないとても大事な仕事です。

 

ケアマネージャー資格取得者となって業務につくには、
医療や福祉関係の資格を有する者で、
5年以上の実務経験が必須になります。

 

このような現場での経験を生かして、
ケアマネージャー資格取得者として業務することになります。

 

ケアマネージャーの仕事は受験資格がかなり厳しく、
誰でも容易にできるような仕事じゃありません。

 

要介護認定の方が対象になりますが、
利用する人がこの先の生活に一番いいと考えられる
ケアプランを考えなくてはいけません。

 

当人の要望や家の人の希望などがあり、
問題は尽きることがありませんが、両方の考えを受け入れつつ
福祉関係の業者とも上手に協力をしてもらう必要があります。

 

ケアマネージャー資格取得者は、
たくさんの手続きや事務的な作業もしなければなりません。

 

普通は、ケアプランの作成、書類作成といった
事務作業がメインの仕事になるので、机仕事が中心です。

 

ケアマネージャー資格の仕事は、介護保険を利用する人や
家族にしてみれば今後の将来に関わるとても重大な仕事です。

 

介護サービスを開始した後は今の状態でいいということではなく、
必要に応じて自宅に立ち寄って、現在の計画が合っているかなど、
細かい確認作業なども含まれます。

 

時には、ケアプランを変更する必要もあり、
様々な問題を処理しなければならないのです。