ケアマネージャーになる方法

ケアマネージャーになる方法

ケアマネージャー資格を取得した者として
仕事に従事するには、どういう方法を取ればいいのでしょうか。

 

ケアマネージャーになるためには、
幾つもの方法があるので、ひとつずつ確かめていきましょう。

 

ケアマネージャー資格を受験する権利を得るには、
一定年数の実務経験が欠かせません。

 

医師や看護士などの国家資格保持者、
老人福祉施設や障害者施設などでの相談援助業務の経験がある人、
介護業務に携わった経験がある人は、5年以上の実務経験が必要です。

 

これらの資格をお持ちでない場合は、
10年以上かつ1800日以上の実務経験がなければいけません。

 

従ってケアマネージャーになるのに必要なことは、
介護に関係のある仕事や経験を積み上げてからじゃないと、
資格を取得することは無理だということです。

 

ケアマネージャー資格を目標にするつもりなら、
最初に介護の仕事からスタートしてみましょう。

 

一例として言えば、今ホームヘルパーの2級などで
既にお仕事に就いている人のステップアップの一環として、
ケアマネージャーの資格を取得するという人も多くなっています。

 

ケアマネージャーの資格試験に受かった後は、
実際に32時間以上、現場での研修を受ける必要があります。

 

実務研修過程を全部終了して、
ようやく各都道府県から登録証明書が送られます。

 

この登録証明書が無いと、
ケアマネージャーの立場で勤務することは不可能です。

 

ケアマネージャーの受験資格を手にするには、
いくつもの方法があるので、自分自身にとって、
どれが最適なのかを熟考してみましょう。

 

色々な介護や医療現場で実務経験を重ねたのちに、
ケアマネージャーを志す人が多いようです。