ケアマネージャー 適した人

ケアマネージャーに適した人

高齢者の方や介護を要する方の、
この先のライフプランを計画するのが、ケアマネージャーの仕事です。

 

それではケアマネージャー資格に適した人は、
一体どのような人なのでしょうか?

 

ケアマネージャーの仕事は、利用者のこの先の人生に関わる
大切な仕事なので、まずは責任感がないといけません。

 

利用者や家族間で考え方が異なることがあっても、
ケアマネージャーは片方の考えや意見に賛成するのではなく、
その間に立つことが要求されるのです。

 

中立的なポジションを保ちつつ、お互いの意見を整理しながら、
上手くケアプランを立案する力量も要求される重要なお仕事です。

 

その上利用者と親密になればなるほど、利用者のお金の状態や、
家族の個人的な事情というものを知ることがあります。

 

そのような利用者の個人的な情報をちゃんと保つことなども、
ケアマネージャー資格を取得した者として大変重要なことです。
つい油断して口に出してしまいました…では取り返しがつかないのです。

 

ケアマネージャー資格取得者に適した人は、
これらのプライバシーを確実に守ることが可能な、
責任感の強い人が適した人ということです。

 

ケアマネージャー資格を取得しても、
常にステップアップするための勉強も必要になりますが、
重要なことは、お金では買えない感謝のメッセージや、
利用者の笑い顔を見ることに幸せを感じることが
できるかそうではないのか、なのです。

 

それ以外にも、ユーザーの人権に敬意を払って、
同等な立場で仕事をすることが可能だという人は、
ケアマネージャーにふさわしく、間違いなく最適なのではないでしょうか。