ケアマネージャー 賃金 初任給

ケアマネージャーの賃金・初任給

介護という職業は、一般的に言って、
賃金が低いと言われています。

 

それではケアマネージャーになって仕事をすると、
賃金や初任給は大体どれくらいになるんでしょうか。

 

ケアマネージャーは国家資格ではなくて、
都道府県が中心になって試験や研修を受ける
任用資格というものです。

 

ケアマネージャーの資格を取得した人の平均的な年収は
370万円くらいで、ボーナスも支払われているところが多く、
安心できる勤め先と考えられるのではないでしょうか。

 

ケアマネージャー資格取得者の初任給は、
働く場所や規模の大きさ等により、
差が大きく出るみたいですが、低いところで言うと手取りで20万円、
高いところでは25万円ほどもらえるところもあるみたいです。

 

ケアマネージャーの資格を取得した人の初任給は、
大学を卒業した人の初任給とあまり大差ないような
金額といったところが大多数のようです。

 

介護職の賃金は低額だと思われていますが、
ケアマネージャーの賃金は平均して25万円〜30万円くらいです。

 

ボーナスの額により年収が若干前後しますが、
これから先右肩上がりで給与が増えるということはないみたいです。

 

ケアマネージャーの賃金自体は、
そこまで低賃金と言い切れるものではないものの、
今後のベースアップの可能性が見込めないということで、
離職する人もたまにいらっしゃるようです。

 

この賃金を低いと思うか否かは、貴方の考え方によりますが、
ケアマネージャー資格には、働き甲斐というものもあるのです。

 

賃金だけが重要だと考えるのではなく、
このような働き甲斐といったものも、
仕事をする時には大切な部分ではないでしょうか。