ケアマネージャー 意義 重要さ

ケアマネージャーの意義・重要さ

ケアマネージャーのお仕事は、老人が多い社会になる
日本にとって必要不可欠なとても大事な仕事のひとつです。

 

2000年の介護保険制定により、
新たな社会保険で介護が実施されるように変わりました。

 

家族の負荷をなるべく減らし、その上介護自体を
社会全体でカバーしていこうとするのが介護保険です。

 

ケアマネージャー資格は、
介護制度の中心的な存在であり、大切な存在でもあるのです。
ケアマネージャーがメインとなって、利用する人や家族の悩み、
問題をクリアしながら、一番良いケアプランを作らなければいけません。

 

それには、ケアマネージャー資格取得者が、
個人個人の介護の現場に立ち入ることが必要です。
そうすることにより、それぞれ一人一人に合った
ベストのケアプランを設計することが可能になるのです。

 

ケアマネージャーの仕事は、
その他にある福祉の仕事と比べても大事とされていて、
介護や福祉方面の中でも中心になっている資格なのです。

 

ケアマネージャーの資格は容易に取得することはできません。
現在持っている資格等によっても違いますが、
5年から10年の実務経験を要します。

 

資格を取得した後にも、
研修を受ける必要があるとても難易度が高いものです。

 

どんな人でも容易にケアマネージャーの資格を
取得することができるというものではないことからも、
重要さがわかるのではないでしょうか。

 

介護保険の利用者と家族のそれ以降の将来を、
変えることになるかもしれないケアプランの作成を務める
ケアマネージャーの仕事は、とても意義ある大切な仕事なのです。