ケアマネージャー やりがい

ケアマネージャーのやりがい

ケアマネージャーの資格を取得したい人が年々増加していますが、
そのやりがいとは果たしてどんな点なんでしょうか。

ケアマネージャーの仕事は、介護が必要になる人に、
介護支援のサービスを計画することです。

なるべくご家族や利用者本人の要望に応えることが可能なように、
色んな点を考えながらケアプランを立てなければいけません。

ケアマネージャーの仕事は、当人や家族の将来を左右すると言っても
言い過ぎではないほど、とても難しい仕事ではないでしょうか。
家族の在り様や介護状態により、ケアプランの作成方法は違ってきます。

必ずすべての人に同様のプランを勧めるのではなく、
家庭ごとの事情に合わせた介護プランが欠かせないのです。

その為に作成した最良の計画が、ご家族や本人から
満足したと言われたら、それがケアマネージャーの喜びとなります。

ケアマネージャー資格の魅力というものは、
この喜びを感じることができることではないでしょうか。

介護を受けなければいけない状態になると、
精神的に弱気になったり、家族も色んな問題を持つことになります。

ご高齢の人や介護を必要とする人が、
この先の生活を積極的に暮らしていけるように
ヘルプするのがケアマネージャーの仕事です。

ケアマネージャー資格取得者としてやれることは、
ケアプランを計画したり対話をすることしか出来ません。

しかしそのようなケアプランや問題を解決することで、
明るく将来を進んでもらうことこそが、
ケアマネージャー資格の役割でありやりがいにもなるのです。